リソースPCモード

Blue Prismには動作モードがいくつかあり、コマンドラインオプションを使用して動作モードを選択できます。これらのオプションの詳細については、コマンドラインリファレンスを参照してください。

連携モード

通常、Blue Prismは連携モードで動作します。連携モードで動作しているときは、その時点でBlue PrismにログインしているユーザーだけがローカルPCをリソースPCとして使用できます。PC上で一度に実行できる連携セッションは1つのみです。

[システム]、[設定]の[システムマネージャー]で連携実行モードを無効にできます(たとえば、リソースPCモードとの競合を回避するには[ユーザーがサインインしたらこのマシンでプロセスエンジンを起動]設定のチェックを外します)。

リソースPCモード

リソースPCモードでは、Blue PrismはリソースPCとして機能し、Control Roomのリモートインスタンスからの指示を待ちます。リソースPCには、次のものがあります。

  • パブリック - Blue Prismユーザーは、ローカルマシンを含む任意のPCからプロセスを開始できます。
  • ローカル – リソースPCは、ローカルマシンまたは指定されたユーザーからのみ表示されます。
  • 排他的 – 特定のユーザー用。

リソースがローカルおよびパブリックに設定されている場合、そのリソースは、すべてのWindowsユーザーのローカルマシンから表示されます。

1台のマシンで複数のリソースPCを実行する(または連携モードで実行するのと同時にリソースPCを実行する)には、別のポート番号を指定して追加のリソースPCインスタンスを起動する必要があります。詳細については、コマンドラインリファレンスを参照してください

コマンドモード

コマンドモードでは、Blue Prismはコマンドラインから起動され、リモート(またはローカル)のリソースPCで操作を実行します。コマンドが送信されると、Blue Prismは終了します。コマンドモードの同時インスタンス数に制限はありません。コマンドモードは、Blue Prismがすでに連携モードまたはリソースPCモードで実行されている場合に使用できます。