コマンドラインオプション

Blue Prismには、コマンドラインスイッチを受け入れる2つのユーティリティがあります。

  • Automate.exe - グラフィカルなBlue Prismアプリケーション。このアプリケーションからのメッセージやフィードバックはすべて視覚的に行われます。リターンコード0は成功を示します。0以外のリターンコードはエラーを示します。
  • AutomateC.exe - メッセージとフィードバックを(標準出力経由で)コマンドラインに返すコマンドラインユーティリティ。リターンコード0は成功を示します。0以外のリターンコードはエラーを示します。

ヒント:

  • 「/help」スイッチを使用すると、AutomateCの動的ヘルプを利用できます。Automate.exeで「help」スイッチを指定すると、このドキュメントがグラフィカルウィンドウで表示されます。
  • 一部のスイッチでは、追加のパラメーターが必要です(以下では<parameter>として示します)。これらのパラメーターはスイッチの後に入力する必要があります。
  • スイッチとパラメーターはスペースで区切ります。パラメーターの値にスペースやその他の特殊文字が含まれている場合は、値を「引用符」で囲む必要があります。このため、実際の値に引用符を含めることはできません。引用符を含めないように注意してください。
  • XMLを渡す場合は、xml文字列を引用符で囲む必要があります。引用符は標準入力でパラメーターのXML文字列の開始/終了を区切るために使用されるため、xml属性は単一引用符で区切ることをお勧めします。また、パラメーターxml内の引用符ごとに2つの引用符を入力することで、存在する引用符をエスケープすることもできます。

Automate.exe - 使用可能なスイッチ

AutomateC.exe - 使用可能なスイッチ

スケジューラーオプション

AutomateCコマンドラインプログラムを使用すると、スケジュールを開始または削除したり、レポートやタイムテーブルを表示したりできます。
スケジュールアクションを実行するには、有効なログイン詳細を入力する必要があります。

リソースプールオプション

AutomateCコマンドラインプログラムを使用すると、リソースプールを作成および削除したり、既存のプールにリソースを追加および削除したりできます。
リソースプールアクションを実行するには、有効なログイン詳細を入力する必要があります。